【郡山】ロボットと遊ぼう! ふれあい科学館で24日から春休みt特別企画

     郡山市ふれあい科学館は24日から、同市駅前の同館で春休み特別企画として高校生が製作したロボットの展示や操作体験を繰り広げる「ロボットで遊ボット!」を開く。

     清陵情報、郡山北工、白河実との連携事業で高校生もボランティアで参加し、展示ロボットの紹介や操作方法を説明する。展示ゾーンの観覧券が必要で、料金は小・中学生200円、高校・大学生300円、一般(65歳未満)400円。4月5日までの午前10時~午後5時。

     特別イベントとして、25日、4月2日(午後2時)に操作体験用のロボットを使った競技大会「スペースパーク春場所ロボット相撲大会」(小、中学生対象、各先着16人)、26日、4月1日(午後2時)にロボット工作ワークショップ(小学3年~中学生対象、各先着20人)を開催。問い合わせは同館(電話024・936・0201)へ。

    福島民友より

     

    いわき】『カラスエイ』の子ども展示 アクアマリンふくしま

     

    福島県いわき市のアクアマリンふくしまは4月9日まで、潮目の大水槽コーナーで「カラスエイ」の子どもを展示。

     アカエイ科の生物。今回は「七つ子ちゃん」として、雄3匹、雌4匹を展示。全長は約70センチで、背面、腹部ともに黒いことが名称の由来という。

     同科のエイとしては、珍しく活発に泳ぎ回る性質で、餌の食べ方も、左右の胸びれで抱え込むようなしぐさで、特徴的だという。

     展示終了後は香港オーシャンパークに4匹が搬出される予定

    特別展示されているカラスエイの子ども
    福島民友より
     

    おもてなし準備万端 福島の花見山、4月1日「オープン」

      福島市の花見山は4月1日午前11時からオープニングセレモニーが行われ、本格的な観光シーズンを迎える。
     同日から案内所や物産ひろばを開設する。交通規制が行われ、臨時バス「花見山号」の運行も開始する。花見山号は午前9時から午後3時半まで約30分おきに運行し、JR福島駅東口と花見山公園間を往復する。期間は23日まで。福島駅から公園までのタクシー定額運行も実施する。
     ふくしま花案内人は25日に活動を開始する。

    福島民報より

     
     
    「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」
     
    世界各地のかわいらしいネコの写真を展示する「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」。
     福島民報社の創刊125周年記念事業。動物写真の第一人者・岩合光昭さんが撮影した約200点が並ぶ。
    うすい百貨店では4月26日から5月8日まで
    福島民報社の主催。前売り券は大人400円(当日500円)、中学・高校生300円(同400円)、小学生以下無料。うすい百貨店の共催。
    問い合わせは福島民報社事業局電話 024(531)4171